猫もアレルギー性皮膚炎

猫における皮膚の病気としてよく見られるのが、アレルギー性皮膚炎という名称の病気で、さまざまな理由で発症する可能性があります。


たとえとして挙げると、アレルゲンとなる成分もしくは虫などを体に入れてしまったことが理由となることが多いですが、ダニやノミが発生しないようにすることで予防は可能となります。

主となる措置の講じ方としては、猫が日々を送る場所はなるたけ清潔な状態に保てるようにしましょう。

億劫がらずに掃除をして、換気も十分に行うだけでも、アレルギー性皮膚炎の大多数を遠ざけることができると認識されています。

肌が赤くなっていたり湿疹が現れていて、かゆみを帯びているようであれば、ひとまず動物専門の病院で診断してもらうことが大事ですが、わけてもノミに対してアレルギー反応を示す確率は高く、防ぐのも簡単ではないと言えます。

ノミという生物は寒い環境では活発に活動しませんが、室内で飼われている猫の場合は冬なども暖房がきいた場所で過ごすことになるので、ノミの側から見ると過ごしやすい環境だと言えるでしょう。

家でも難なくできるノミの対応策はブラッシングとされていますが、ノミを除去するために作られたブラシがあるので、そうしたものを利用するようにしましょう。

猫がいつも寝ている場所は、常にきれいな状態にしてあげると、ノミだけでなく様々な病気を防止することにも関連してきます。

病気以外にも皮膚に支障をきたす場合があるのですが、その典型とも言えるのはストレスが元で毛が抜けてしまうことです。

グルーミングのし過ぎで毛が抜けてしまうことがよくあるのですが、ストレスが根底にあるのならそれ自体を吹き飛ばしてあげるようにすれば症状の進行を食い止めることが可能になるでしょう。