発症しやすい病気について

猫の病気にはかなりたくさんの種類が存在しますが、発症しやすい病気や症状に関して一般的なものを見ていきましょう。


最初に、いきなり多量の水を飲むようになったという症状もよく知られているものですが、このことだけでどんな病気なのか見極めることは無謀と言っても良いでしょう。

例を出してみると、ガンや糖尿病に苦しんでいる猫というのも、大量の水分を必要とし始めます。

年配の猫だと、若い猫に比べると水を飲む量が増えるのですが、若い猫なのに多くの水を飲んでいるならば、病気を怪しむ必要があります。

動物病院で診てもらうのであれば、どれくらいのペースでどれくらいの量の水を飲むのかを確かめてから伝えると良いでしょう。

炎症が起こっている、腫れがあるなどの目で確認できるような異常であれば、たとえ専門的な知識を有していなくても健康が損なわれていると認識できるでしょう。

そうはいっても、何となく見ているだけでは察知するのが難しい異常もあるため、日常的に注意を向けておくことが重要です。

便に関連のある症状も数多く存在しますが、これに関しては飼い主が1日の排便数や状態を確かめておくことで、すぐにトラブルが起きていることがわかるでしょう。

食欲が落ちていないかというのはしっかり見ている人がほとんどですが、便に関する異変はなかなか気づかないものなので警戒するようにしてください。

熱が通常より高いときは、風邪だけが原因なのではなく、緊急性の高い中毒のような症状の場合にも現れることが多いため、もし震えが止まらなかったりいつまでも目を開けないようなら、わきのところに手を挟んで熱がないか調べましょう。

元気な猫の場合、人間の体よりも1度高いくらいですが、これより明らかに高い場合は発熱しているのかもしれません。