猫の目の病気について

よく知られた人間の眼の病気と言えば白内障が挙げられますが、これは猫にもみられる病気なので注意する必要があります。

しかし、人間が白内障になってしまう大きな原因が老化であるのに対し、一方猫は外傷が起因となってこの病気にかかってしまうことがよくあります。

白内障が引き起こされると眼が白く濁るようになり見たいものが見えづらくなるので、動物病院に行って症状を緩和させる薬をもらうようにしましょう。

緑内障と呼ばれる病気もよく聞かれますが、最初の段階ではそんなに酷い症状がないため、気付くのが遅れてしまうこともあります。

光のある地点にいるときでも瞳孔が開きっぱなしになっているなどの変調があるときは、時間を置かずに動物病院で相談しましょう。

また、角膜炎も注意しておきたい病気の一つで、角膜が炎症状態になるというものです。

引き起こされる理由はいろいろですが、猫同志の喧嘩でダメージを負ってしまった場合や、ゴミや異物が目の中に紛れてしまったり、細菌が侵入してきたことなどにより引き起こされる確率が高いと言えます

外に出ていないのに涙が過剰に出ていたり、眼を赤く腫らしている以外にも、痛がっているように思えたら、動物を専門に扱っている病院に足を運んでみましょう。

周りの猫とケンカをしたときに眼に傷をつけてしまう恐れもありますので、早く治療をスタートしないと視力を喪失するケースもあるのです。

失明よりもさらに悪いことには、傷の部分が炎症を起こし最悪の場合死んでしまうこともありますので、早いうちに手当てを行うようにしてください。

さらに、猫は人間よりも低い場所で動き回っているため、ほこりなどが入る可能性も高くなっています。

ピックアップ記事

  1. 美白の化粧品だと正式なカタログでPRするには、薬事法を管轄する厚生労働省に使用を許可されている美白に…
  2. 肌の若さを作るターンオーバー、要するにお肌を生まれ変わらせることが可能な時間帯というのは実は限定され…
  3. メイクの長所:新しい製品が発売された時のドキドキ感。化粧前のすっぴんとのギャップが楽しみ。数多あるコ…
  4. アトピーの素因:家族歴と次の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮ふ炎の内一つ、…
  5. 美容外科(Cosmetic Surgery)とは、人間の身体の機能上の欠損や変形部の矯正よりも、専ら…
  6. 頭皮ケアの主だった役割とは健康的な髪を保持することだといえます。毛髪に潤いがなくパサパサしたり抜け毛…
  7. 猫が荒れた耳をしていると思ったとき、もしかするとそれは外耳炎の病気の症状の心配があるため注意が必要で…
  8. 強い紫外線を浴びたときに極力ダメージを抑える方法を3つご紹介します。1.日焼けしたところを冷やす2.…
  9. アトピー(atopic dermatitis)を薬だけで良くしようというのは無謀な事です。習慣や楽し…
  10. 明治も末期に差し掛かった頃、洋行から帰ってきた女性たちが、洋風の髪型、洋服、洋風の化粧品・美顔術など…
PAGE TOP