猫の目の病気について

よく知られた人間の眼の病気と言えば白内障が挙げられますが、これは猫にもみられる病気なので注意する必要があります。

しかし、人間が白内障になってしまう大きな原因が老化であるのに対し、一方猫は外傷が起因となってこの病気にかかってしまうことがよくあります。

白内障が引き起こされると眼が白く濁るようになり見たいものが見えづらくなるので、動物病院に行って症状を緩和させる薬をもらうようにしましょう。

緑内障と呼ばれる病気もよく聞かれますが、最初の段階ではそんなに酷い症状がないため、気付くのが遅れてしまうこともあります。

光のある地点にいるときでも瞳孔が開きっぱなしになっているなどの変調があるときは、時間を置かずに動物病院で相談しましょう。

また、角膜炎も注意しておきたい病気の一つで、角膜が炎症状態になるというものです。

引き起こされる理由はいろいろですが、猫同志の喧嘩でダメージを負ってしまった場合や、ゴミや異物が目の中に紛れてしまったり、細菌が侵入してきたことなどにより引き起こされる確率が高いと言えます

外に出ていないのに涙が過剰に出ていたり、眼を赤く腫らしている以外にも、痛がっているように思えたら、動物を専門に扱っている病院に足を運んでみましょう。

周りの猫とケンカをしたときに眼に傷をつけてしまう恐れもありますので、早く治療をスタートしないと視力を喪失するケースもあるのです。

失明よりもさらに悪いことには、傷の部分が炎症を起こし最悪の場合死んでしまうこともありますので、早いうちに手当てを行うようにしてください。

さらに、猫は人間よりも低い場所で動き回っているため、ほこりなどが入る可能性も高くなっています。

ピックアップ記事

  1. 下まぶたにたるみが出ると、男性でも女性でも実際の年齢よりだいぶ年上に映ります。皮膚のたるみには色々あ…
  2. 少しでも猫が病気にかからないようにするために飼い主側で行えるものといえば、一定のペースで行う健康診断…
  3. 猫における口の病気として典型的な例として口内炎がありますが、これというのは人間も発症するものなので、…
  4. 健康的で輝かしい歯を維持するために、歯の表面だけでなく歯間も丁寧に磨くことが大事。クリーミィな泡立ち…
  5. 強い紫外線を浴びたときに極力ダメージを抑える方法を3つご紹介します。1.日焼けしたところを冷やす2.…
  6. 現代に生きるということで、体の内部には人体に悪影響を与えるというケミカルな物質が蓄えられ、加えて私た…
  7. 美容とは、結髪、化粧、服飾などを利用し容姿や容貌をより一層美しく見せるために形づくることを言う。なお…
  8. 明治も末期に差し掛かった頃、洋行から帰ってきた女性たちが、洋風の髪型、洋服、洋風の化粧品・美顔術など…
  9. 美容にまつわる悩みを解決するには、まずは自分の内臓の調子を調査することが、問題解決への近道になるので…
  10. 頭皮ケアの主だった役割とは健康的な髪を保持することだといえます。毛髪に潤いがなくパサパサしたり抜け毛…
PAGE TOP