猫も鼻炎に

気にかけておかなければならない猫の鼻の病気というと鼻炎がまず頭に浮かぶという人が少なくないでしょうが、その症状は風邪と酷似しているので、誤って認識してしまう可能性もあります。


主な症状は鼻水やくしゃみですが、このような症状が長い間継続して見られるときには、風邪ではなく鼻炎を疑ったほうがいいでしょう。

鼻水の症状が現れると鼻に詰まりが生じることが少なくなく、鼻による呼吸が大変になります。

そうした状態になると自ずと口で呼吸するようになりますが、呼吸が大変そうであれば、動物を専門に扱っている病院で診察を受けるようにしましょう。

症状が悪くなってくると、口でも呼吸をするのが難しくなってしまったり、治るまでにたくさんの時間を費やさなければならないかもしれません。

この病気の大きな要因としては細菌やウイルスが挙げられますが、免疫力が十分にない年をとった猫の方が危険性があるので、健康を損ねていないか気を配っていてあげましょう。

そして、鼻血が出ていると慌ててしまってオロオロしてしまう人もいますが、少しの外傷による鼻血なら、焦ることはありません。

そうはいっても、病気が元になっている鼻血というのも考えられるため、鼻血だからと軽んじないようにしましょう。

人間において鼻から出血した際には鼻の穴にティッシュなどを入れて止めようとする場合がよくありますが、それが猫のときは主に特別なことをせずに静かにさせることが大切です。

とはいえ、出血が治まらないようなら動物病院に連れて行って対処してもらうようにしましょう。

何か固いものに接触したり猫同士の喧嘩もしていないにもかかわらずときどき鼻から出血しているときには、たとえ量が少なくても病気を患っていることが考えられるため、動物病院に行くことをおすすめします。