少しでも異変を感じたら

万が一、飼猫が病気を患っているようだけれど、確信が持てないということもあるかもしれません。


普段よりもいくらか少食のような感じがするけれど、そういったことはないかもしれない、体調を崩している気がするものの何が悪いのか実際には把握していないということもあります。

飼い主がよくわかっていないのに動物病院を受診するべきではないと判断してはいませんか。

でも、見た目でわかってしまう変調が出ているときには、猫の病気は酷く進んでいるということもあります。

なので、確信は持てない場合でも、変調に感づいたらなるべく早くに動物病院を受診するようにしてください。

その場合、どういう具合に違う感じがするのかを説明することで、獣医も病気を特定しやすくなります。

排便及び排尿の頻度やその状態、行動や食事の際におかしいと感じたことがあるようなら、記録に残すようにしましょう。

少しでも異変に気付いた時点でいち早く動物病院を訪れていれば良かったという命は少なくありません。

猫は自ら体調不良を主張する術を持っていないため、すでに手遅れだったと悔しい思いをすることのないように、異変が見つかれば早い段階で動物病院に連れて行きましょう。

無論、特に異変は見られないと診断されれば良いのであって、飼い主が猫の体調に敏感でいることで初期段階で処置が行うことができたという病気が多々あるのです。

飼っている猫に長く元気でいてもらうためにも、病気の初期に治療を行えるような態勢でいることはとても大事なことになるでしょう。