少しでも異変を感じたら

万が一、飼猫が病気を患っているようだけれど、確信が持てないということもあるかもしれません。

普段よりもいくらか少食のような感じがするけれど、そういったことはないかもしれない、体調を崩している気がするものの何が悪いのか実際には把握していないということもあります。

飼い主がよくわかっていないのに動物病院を受診するべきではないと判断してはいませんか。

でも、見た目でわかってしまう変調が出ているときには、猫の病気は酷く進んでいるということもあります。

なので、確信は持てない場合でも、変調に感づいたらなるべく早くに動物病院を受診するようにしてください。

その場合、どういう具合に違う感じがするのかを説明することで、獣医も病気を特定しやすくなります。

排便及び排尿の頻度やその状態、行動や食事の際におかしいと感じたことがあるようなら、記録に残すようにしましょう。

少しでも異変に気付いた時点でいち早く動物病院を訪れていれば良かったという命は少なくありません。

猫は自ら体調不良を主張する術を持っていないため、すでに手遅れだったと悔しい思いをすることのないように、異変が見つかれば早い段階で動物病院に連れて行きましょう。

無論、特に異変は見られないと診断されれば良いのであって、飼い主が猫の体調に敏感でいることで初期段階で処置が行うことができたという病気が多々あるのです。

飼っている猫に長く元気でいてもらうためにも、病気の初期に治療を行えるような態勢でいることはとても大事なことになるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 猫における皮膚の病気としてよく見られるのが、アレルギー性皮膚炎という名称の病気で、さまざまな理由で発…
  2. 猫が荒れた耳をしていると思ったとき、もしかするとそれは外耳炎の病気の症状の心配があるため注意が必要で…
  3. 頭皮ケアの主だった役割とは健康的な髪を保持することだといえます。毛髪に潤いがなくパサパサしたり抜け毛…
  4. むくむ理由は色々考えられますが、季節の関連性もあると聞いたことはありませんか。30℃を超えるような暑…
  5. アトピー(atopic dermatitis)を薬だけで良くしようというのは無謀な事です。習慣や楽し…
  6. 体が歪むと、臓器が互いに押し合うため、つられて他の臓器も引っ張り合った結果、位置のズレ、変形、血液や…
  7. 健康的で輝かしい歯を維持するために、歯の表面だけでなく歯間も丁寧に磨くことが大事。クリーミィな泡立ち…
  8. よく知られた人間の眼の病気と言えば白内障が挙げられますが、これは猫にもみられる病気なので注意する必要…
  9. 「デトックス」術に問題点や危険性はまったくないと言えるのだろうか。第一、体に溜まっていく毒物とは一体…
  10. 人間であっても脳の病気というのは大変危ないものであるように、猫のケースでも死と隣り合わせの病気なので…
PAGE TOP