口内炎の症状は?

猫における口の病気として典型的な例として口内炎がありますが、これというのは人間も発症するものなので、さほど特殊な病気というわけではないでしょう。


人間が口内炎になってしまった場合、食事の際に多少の異変を感じるほどですが、猫は食べる行為そのものができなくなる場合もあるので、注意が必要です。

症状が酷い場合は舌や唇、歯肉などから出血してしまうこともあり、そうなってしまうとあまりの痛さに、食べることを可能な限り我慢し始めます。

口内炎ならではの症状というと、口が悪臭を発したり、口周辺が粘りけのあるよだれなどによって汚い状態になってしまうということです。

正常なときと比べて食べる餌の量が少なくなったとき、喉または口に関係のある病気を患っていないか検査してみることをおすすめします。

動物病院では、消毒液を用いて口の内部を洗い流すといったケアが行われます。

年寄りの猫における口に関わる病気というと典型的な例は歯周病ですが口内炎と酷似した症状が見られます。

老猫に関しては、ただ単に歳を取ったから食欲がなくなったと判断するのではなく、歯周病にかかっていることも考えましょう。

もしかしたら食べたいけれど食べることができないということもあり得るため、一定期間ごとに動物病院で診てもらうこともおすすめします。

口が悪臭を発したり、硬めの食品だと食べにくそうにする、食べること自体が不可能になったという場合には、歯周病が疑わしいでしょう。

動物病院に足を運べば歯磨きを行ってもらったり抗生物質を使って、歯周病からくる症状をなくすことができます。