猫の耳の病気について

猫が荒れた耳をしていると思ったとき、もしかするとそれは外耳炎の病気の症状の心配があるため注意が必要です。

耳穴の周りが赤くなってしまい炎症が起こっている状況で、この症状が出ている猫というのはたびたび頭を掻く行動に出たり、壁に対して頭を擦るような行為を見せるようになります。

痛さやかゆさを感じるようになるため、何もせずに放っておくと傷口が傷んで、さらに症状を悪化させてしまうこともあります。

耳の穴の周辺をよく見てもし炎症が起きているなら、早めに動物病院に連れて行くようにすれば、症状が悪化する前に薬をつけるなどといった対処が可能となります。

その要因の多くは耳垢が蓄積したことにありますので、一定のサイクルで耳掃除を実施して清潔な状態を維持しましょう。

そして、中耳炎についても用心すべき猫の病気として挙げることができ、頭を左右どちらかに傾けたり、頭を大げさに振っていたら要注意です。

かゆみより痛みが強いため、頭部にタッチされるのを拒否したり、元気がなくなることもあります。

症状が進行してくると均衡が取れなくなってしまい一直線に歩くのも困難となり、体力も失われていきます。

外耳炎がエスカレートした結果中耳炎の症状が現れるという場合が珍しくないので、外耳炎の発症を避けることが大変重要になります。

定期的に耳の状態を確認し、異常がないかを点検することをおすすめします。

耳の衛生管理を徹底するだけで、耳ダニ症の発症も抑えられるため、猫のさまざまな病気を予防することにも繋がります。