猫の耳の病気について

猫が荒れた耳をしていると思ったとき、もしかするとそれは外耳炎の病気の症状の心配があるため注意が必要です。

耳穴の周りが赤くなってしまい炎症が起こっている状況で、この症状が出ている猫というのはたびたび頭を掻く行動に出たり、壁に対して頭を擦るような行為を見せるようになります。

痛さやかゆさを感じるようになるため、何もせずに放っておくと傷口が傷んで、さらに症状を悪化させてしまうこともあります。

耳の穴の周辺をよく見てもし炎症が起きているなら、早めに動物病院に連れて行くようにすれば、症状が悪化する前に薬をつけるなどといった対処が可能となります。

その要因の多くは耳垢が蓄積したことにありますので、一定のサイクルで耳掃除を実施して清潔な状態を維持しましょう。

そして、中耳炎についても用心すべき猫の病気として挙げることができ、頭を左右どちらかに傾けたり、頭を大げさに振っていたら要注意です。

かゆみより痛みが強いため、頭部にタッチされるのを拒否したり、元気がなくなることもあります。

症状が進行してくると均衡が取れなくなってしまい一直線に歩くのも困難となり、体力も失われていきます。

外耳炎がエスカレートした結果中耳炎の症状が現れるという場合が珍しくないので、外耳炎の発症を避けることが大変重要になります。

定期的に耳の状態を確認し、異常がないかを点検することをおすすめします。

耳の衛生管理を徹底するだけで、耳ダニ症の発症も抑えられるため、猫のさまざまな病気を予防することにも繋がります。

ピックアップ記事

  1. 美容の悩みをなくすには、まず最初に自分の臓器の状態を調べてみることが、美容悩みからの解放への第一歩と…
  2. 少しでも猫が病気にかからないようにするために飼い主側で行えるものといえば、一定のペースで行う健康診断…
  3. 健康的で輝かしい歯を維持するために、歯の表面だけでなく歯間も丁寧に磨くことが大事。クリーミィな泡立ち…
  4. 頭皮ケアの主だった役割とは健康的な髪を保持することだといえます。毛髪に潤いがなくパサパサしたり抜け毛…
  5. アトピー(atopic dermatitis)を薬だけで良くしようというのは無謀な事です。習慣や楽し…
  6. 体が歪むと、臓器が互いに押し合うため、つられて他の臓器も引っ張り合った結果、位置のズレ、変形、血液や…
  7. 思春期が終わってから発現する難治性の“大人ニキビ”の女性が増加傾向にある。もう10年以上もこうした大…
  8. アトピー性皮膚炎とは、いわゆるアレルギー反応と関係している状態のうち特にお肌の慢性的な症状(湿疹等)…
  9. 明治時代の末期に異国から帰ってきた女たちが、洋髪、洋風のファッション、洋式に使う化粧品・美顔術などを…
  10. 美容成分としても有名なヒアルロン酸はヒトの細胞と細胞の間に多く存在しており、水分を蓄えたり衝撃を吸収…
PAGE TOP